貴重な計測データ、活用していますか?(ソフトウェア編)

1回目は、

(1)良否判定結果の保存、
(2)傾向管理による品質改善、
(3)データ解析による設備診断
などデータを活用しての業務改善にTDMSファイルフォーマットが最適であることを、
2回目は、このTDMSファイルフォーマットは、自由度の高さと拡張性に優れておりユーザはデータ構造を気にすることなく、保存するデータのみに集中することができることを取り上げました。
今回はこのTDMSファイルフォーマットをどうすれば使えるのか、取り上げたいと思います。
TDMSファイルフォーマットを活用するためには、下記のどちらかのアプリケーションの導入が必要です。
(1)ナショナルインスツルメンツ(NI)社のNI DIAdemソフトウェアの導入
(2)業務に必要な機能のみに絞りLabVIEWによるカスタムアプリケーションの作成
データ検索機能、データ表示機能、豊富な統計処理・信号処理解析機能、レポート作成機能、VBAマクロ対応による作業の自動化などの優れたパフォーマンスを有し、TDMSファイルフォーマットの持つメリットを最大限に活用するためにも(1)のNI DIAdemソフトウェアの導入を積極的に薦めています。また(1)と同等機能を有するカスタムアプリケーションの作成はコスト面から困難であり、コストパフォーマンスの点からもDIAdemを初期段階から導入することを薦めています。
弊社の計測器・計測システムでは、データ保存の段階からTDMSフォーマットを使用していますが、今まで蓄積してきた、また今使用している計測器の保存データはどうすればいいのでしょうか?
下記の2通りの対応が可能です。
(1)他の計測器メーカのファイルフォーマットでデータ保存を行なっている場合
NI DIAdemには、他の計測器メーカーのファイルフォーマットを読み込むデータプラグイン機能が標準で備わっています。
(2)独自フォーマットでデータ保存を行なっている場合。
独自のフォーマットのcsv形式、バイナリ形式、text形式などでデータ保存を行っている場合です。この場合はフォーマット調査の上、カスタムで独自フォーマット形式に合わせたデータプラグインを作成するか、独自フォーマットをTDMS形式に変換するアプリケーションを作成することで対応することができます。
いずれの場合もこのデータプラグイン機能により、他社(あるいは独自)のファイルフォーマットでも
NI DIAdemの有する優れた機能を使用することができます。
今回は、TDMSファイルフォーマットを活用するためにはNI DIAdemの導入を薦めました。
次回はこのNI DIAdemの優れた機能について取り上げたいと思います。
Copyright (C) カナガワ電子技研 株式会社 All Rights Reserved.