LabVIEWとNI DIAdem、TDMSフォーマットについて

いままで説明してきましたNI DIAdemとNI LabVIEWの関係、TDMSフォーマットの作り方について少し触れておきたいと思います。

 LabVIEWは計測・制御アプリケーションを開発するための開発環境です。
購入しライセンスを取得しても、それ自体ではなんの動作もしません。ユーザ自身によるプログラミングが必要になります。プログラミングが必要となりますが、GUI開発のしやすさと多くのハードウェアデバイスの制御が可能である点が大きな特長といえます。

 NI DIAdemは、ファイル管理・解析用にパッケージされたソフトウェアです。
購入後は単独のアプリケーションとして動作します。NI DIAdemに、LabVIEWのライセンスは必要ありません。すでに保存した他社計測器ファイルをお持ちでしたら、データプラグイン機能を用いて
直ちに解析業務を行なうことができます。(お持ちの計測器ファイルのフォーマットにデータプラグイン機能が対応しているかどうか事前に確認する必要があります)

 ではLabVIEWでNI DIAdemと同等の機能を持つソフトウェアが作れるかということですが、理論的には可能です。実際の開発に掛かる時間、費用を考えればNI DIAdemを購入したほうがコストが安いということになります。

 NI DIAdemまでの拡張性と高機能は必要ないということであれば、必要な解析と、定型のレポートを作成するアプリケーションをLabVIEWで作成することが可能です。当社でもこのような開発を請け負っております。(ただし、解析内容とレポート型式を考慮した設計が事前に必要です)

 またTDMSファイルフォーマットの作り方について触れておきたいと思います。
LabVIEWによるアプリケーション作成であれば、TDMストリーミング関数群を使用すれば問題なく、TDMSファイルが作成できます。
現在一番多いのは既にバイナリやcsvで保存しているファイルだと思います。
これをTDMSフォーマットに変換するには、次の方法があります。
(1)バイナリ、csvデータをTDMSフォーマットに変換するカスタムアプリケーションを作成する。
(2)NIの用意しているTDM C DLLとTDM Header Write DLLを使用してC言語のアプリケーションを作成して(あるいはプログラムに組み込んで)、バイナリデータにTDMSヘッダファイルを追記する方法です。TDMSヘッダが追加されたバイナリファイルは、TDMSファイルとして使用できます。

ただし、この方法はバイナリファイルにのみ可能です。

今回はLabVIEWとNI DIAdemとの関係、TDMSファイルの作り方について取り上げました。

Copyright (C) カナガワ電子技研 株式会社 All Rights Reserved.